湿布を貼っても肩こりが改善しない理由は?江南市の鍼灸接骨院

2020年11月11日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院の北村真郷です。

今回は「湿布を貼っても肩こりが改善しない理由」についてお話していこうかと思います。

そもそも湿布には大きく分けて「温湿布」「冷湿布」の種類があります。

2つとも主成分はほとんど同じですが、皮膚表面を温めてくれるか、冷やしてくれるかの違いです。

 

そして肩こりとは日頃の疲れや姿勢などで筋肉が硬くなり、血行が悪くなっているものがほとんどですので貼るなら温かくなる「温湿布」です。

では何故温湿布を貼っても肩こりは改善しないのでしょうか?

それは先ほどもお伝えしたように、湿布とは表面上の効果しかないからです。勿論それでも多少は良くなる場合もあります。しかし肩こりは表面だけでなく肩の奥の筋肉まで硬くなっている人がほとんどです。

なので一時的に良くなってもすぐに再発してしまうのが現状です。

 

ではどうすれば良いのか?

肩の奥の筋肉まで柔らかくする+硬くなる原因を取り除く事

それが再発しないお身体を作るのには必要です。

 

その硬くなる原因と言うのは主に「姿勢」にあります。

パソコンやスマホを触っている時、姿勢が丸くなっていませんか?

普段誰かに「姿勢が悪いよ」と言われたことはないですか?

 

それが筋肉が硬くなる原因の1つですので、誰がどう見ても「良い姿勢」と言われるように、また肩こりも勿論ですが腰痛などの予防の為にしっかりご自身の姿勢を見直しましょう。

 


 

肩こりや腰痛、たま他の症状や、姿勢や骨盤の歪みでお悩みの方がいらっしゃいましたら是非一度ハンズ鍼灸接骨院までご相談ください。

 


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

 

TOPへ戻る