緊急事態宣言下での自宅での過ごし方

2021年03月25日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院江南院です。

 

今回は「緊急事態宣言下での自宅での過ごし方」についてお話していきます。

 

少しずつですがコロナウイルスのワクチンも始まり、感染者数も減少しつつあります。しかしまだまだ今後はどうなるかは誰にも分かりません。

なのでまだまだ在宅勤務(テレワーク)やオンライン授業も行っている所は多いはずです。

その中で私どもが感じているのは肩こりや腰痛など、身体が硬くなってしまったが故に引き起こされる症状が増えているという事です。

考えてみれば当然ですよね。今まで出勤や通学などで動いていたのが動かなくなり、またスポーツジムなどに行っていた方は自粛して行かなくなったりなどで、身体を動かさなくなったからです。

 

身体のケアで重要なのは「症状が現れる前にケアをする事」

なので自宅で少しでも良いのでストレッチや筋トレなどの運動を行って頂きたいのです。

 


 

大きくは2か所。

肩(肩甲骨)とお尻(骨盤)です。

 

1.肩(肩甲骨)を大きく回してください

肩甲骨には首や肩、背中など上半身の筋肉は付着しています。なので肩甲骨を動かせば上半身の筋肉はしっかりと柔らかくなってくれます。

 

2.お尻の筋肉をストレッチして伸ばしてください

同様の理由でお尻の筋肉を動かしましょう。歩くなどでも筋肉は動いてくれるのですが、家の中だと中々難しいのでストレッチでも問題ないです。行い方は言葉で説明するのは難しいですが、仰向けで寝た状態で足を組みます。そのまま下にある足を自分の方によせてきましょう。

 


 

ハンズ鍼灸接骨院江南院も当然の如くコロナ対策は行っております。

(消毒・マスク着用・換気など)

ストレッチは様々な行い方があり、1人1人に合った行い方があります。

また自分一人でお身体のすべてを動かすには時間や労力、知識などが必要なので中々難しいと思います。出来ないところは私どもにお任せください。

 


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

TOPへ戻る