首から手にかけての痺れの原因は?愛知県江南市

2020年11月24日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院の北村真郷です。

 

今回は「首から手にかけての痺れの原因」についてお話ししていきます。

痺れというのは「神経」が関係してきます。

神経のどこかで異常があると、痺れや痛み、違和感や感覚異常と言った様々な症状が起こります

 

今回は首から手に痺れが起きていますので、そこの神経に何かしらの異常が起きています。

ここの神経は首の背骨から出てきて、首の横→鎖骨の下→胸の前→腕と流れています。


なのでまず考えられる原因は①首です。

そこが原因である場合、最悪の場合首のヘルニアが考えられます。首の背骨が原因で神経が圧迫されて痺れが出ている状態です。

当院では、ヘルニア自体は治す事は難しいですが、痺れや痛みを取る事は可能と考えております。

 

次の原因は②首や胸の筋肉が硬くなり過ぎて引き起こさせる「胸郭出口症候群」という症状です。

これは筋肉の硬さを取り除けば痛みや痺れも落ち着いてくれます。


しかし結局のところ、これらの症状になってしまった原因を取り除いてあげないと何度も再発する可能性もございます。

 

その原因が何かと申しますと、1番は「姿勢」です。

姿勢が悪く、頭が正常の位置より前にあるとそれを支えようとして首、肩、背中に負担がかかります。

姿勢が悪く、肩が正常の位置より前にあるとそれを支えようとして肩、背中に負担がかかる事は勿論ですが、胸の筋肉は正常以上に縮こまってしまい負担もかかっています。


なので、硬さだけを取り除けば一時的には改善させるかもしれないですが、お身体への負担は変わりませんので、この不調の根本的な解決にはなりません。

 

筋肉を柔らかくする事+姿勢も戻す事

この両方をしっかりと行い、不調のないお身体を作っていきましょう。


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

TOPへ戻る