寝違え・首の痛み

  • 朝起きたら首が痛くて動かせない
  • 寝違えがなかなか治らない
  • 寝違えをよく繰り返す
  • 肩こり首こり、頭痛が常にある
  • 首を動かすと痛くて、思うように動かせない

急な寝違えでお困りの方、江南市のハンズ鍼灸接骨院へすぐにでもご来院ください。

寝違えが早期に治るかどうか、同じ様な痛みをまた繰り返すかどうかは、早く施術を行うかどうかで決まるといっても過言ではありません。

 

また肩こり首こりでお困りの方、お気を付けください。いつ寝違えのように痛くなるかも分かりません。痛くないうちから施術を行うと急な悪化を防ぎ良い状態を維持出来ます。

寝違えとは?

「寝違え」

おそらくほとんどの方が知っている言葉だとは思います。

 

寝違えはギックリ腰と同様に、背骨の捻挫、筋肉の肉離れ・損傷、関節炎、ヘルニアなどさまざまな原因で首が痛くなる症状です。

 

また「炎症」という反応が身体の中で起こっています。炎症は有害刺激に対する生体の自然の防衛反応であり身体にとって正常かつ重要な反応ですが、これも早期に改善しないといけません。

寝違えのの原因

寝違えの原因のほとんどが「寝る時の姿勢」と言われています。

慣れない枕で寝たり、ソファーや床で寝てしまうと寝違えてしまう可能性があります。

 

もちろん原因はそれだけではありません。普通にベッドで寝ていても寝違えてしまう方も多いと思います。それは身体に原因があり、首~肩、背中の筋肉の柔軟性が失われているからです。

 

どういう事かと言いますと、輪ゴムを想像して下さい。普通の輪ゴムであれば引っ張っても伸びるだけですが、硬い輪ゴムを引っ張ると切れてしまいますよね。

筋肉も同様で柔軟性がある筋肉は多少無理しても何ともないのですが、柔軟性が失っていると少し負担をかけただけで痛めてしまいます。

 

もしも今寝違えをしているのであれば、無理をせずに早期に来院ください。

 

すぐに来れない方は、まず患部(首)を「冷やす」。「炎症」は字のごとく熱を持っている状態なので、それを緩和させてあげましょう。逆に「温めない」事も重要。お風呂も長湯してしまうと、炎症が悪化する可能性があります。そして「とにかく安静」にしてください。痛めて傷がはいっている状態なので動かすと悪化します。

まとめると①冷やす②温めない(長湯厳禁)③安静です。

 

ハンズ鍼灸接骨院の施術方法

ハンズ鍼灸接骨院では、まずは痛み・炎症を取り除きます。

まだ痛みがある状態で、筋肉の柔軟性をつけようとすると単純に痛いです。

 

痛いことを無理に行うと症状が悪化するので、無理に行いません。

 

なのでまずは痛みを取り除く為に、ハイボルテージという機器を使用します。

痛みが落ち次第、骨盤矯正やストレッチを用いて、首や首周りだけではなく身体の土台となる骨盤や姿勢の矯正、筋肉へのアプローチにより根本的な施術も行っております。

それにより、痛めた場所だけではなく身体全体を診ていき繰り返し痛みを引き起こさないようにするのがハンズ鍼灸接骨院の特徴です。

TOPへ戻る