手首・親指の付け根の痛み

  • 親指を動かすと付け根が痛む
  • パソコン作業などで手首が痛む
  • 産後から手首が痛くなった
  • キャップを開ける動作で手首が痛む
  • 手をよく使う作業・仕事をしている

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは、手首や指を使い過ぎによる負担の蓄積で手首や親指の付け根で炎症を起こしてしまうことをいいます。

腱鞘はおもに手首や足首などの関節にあり腱の摩擦を減らすための機関で、腱鞘というトンネルの中を腱が通ることで腱がずれるのを防いでいます。

物に例えると腱が刀で、腱鞘は刀を収める鞘(さや)だとイメージしてください。

腱鞘炎の原因は?

腱鞘炎は主に、使い過ぎ症候群の一種です。

手首を使いすぎてしまうことで、腱鞘(トンネル)と腱(トンネルを通過するスジ)がこすれて摩擦で炎症を起こしてしまいます。

また摩擦が強くなる理由として、腱につながる筋肉が突っ張ってしまい、腱を引っ張ることで腱が表面に浮き上がろうとするのを、腱鞘によって抑え込まれるため摩擦が強くなります。

したがって腱鞘炎の施術として、腱につながる筋肉をしっかりゆるめて、腱のつっぱりを取っていく必要があります。

腱鞘炎の施術内容

腱鞘炎は炎症を伴ういたみです。

したがってまずは炎症反応を抑えるためにハイボルテージという特殊な電気を用いて、直接的に炎症を起こしている箇所の、炎症を抑える施術を行ってまいります。

 

その後、炎症が収まっても腱につながる筋肉の緊張が強いままだと、また腱と腱鞘を強く摩擦してしまい、腱鞘炎を再発させてしまうのでしっかり筋肉の緊張をとっていき、再発まで予防していきます!

TOPへ戻る