スポーツ障害

スポーツによる足首の捻挫

  • オスグッドや野球肘などのスポーツ障害に悩んでいる
  • 捻挫や肉離れなど急なケガをしてしまった
  • ケガをしてしまったけど、試合に出たい
  • パフォーマンスを上げて目標を達成したい
  • 身体についてのアドバイスを受けながらスポーツを続けたい

江南市のハンズ鍼灸接骨院はスポーツに励んでいる方を応援しています。

ケガの回復はもちろん、試合や大会に向けて、パフォーマンスの向上やケガの再発防止について選手に寄り添ったアドバイスを行います。

ハンズ鍼灸接骨院は様々な世代のスポーツ選手の良き伴走者でありたいと願っております。

スポーツ障害について

テニス肘

テニス肘は、正式には『上腕骨外側上顆炎』といいます。肘の外側に炎症を起こし、痛みや腫れなどが起こります。外側上顆には手首や指を反らせる筋肉が密集しており、テニスの片手バックハンド、パソコンでのキーボードやマウス操作、その他指や手首を頻繁に使う動作で痛めやすいのが特徴です。

野球肩

野球肩は、投球動作によって起こる肩関節のスポーツ障害です。肩関節のスポーツ障害といっても、障害される部位によって疾患名は変わり、野球肩はあらゆる肩の障害の総称です。繰り返しの投球動作や投球フォームの不良などによって、肩関節に負担をかけすぎることが原因です。

野球肘・ゴルフ肘

正式には『上腕骨内側上顆炎』と呼ばれ、ゴルフのスイングやテニスでのフォアハンドや野球の投球の繰り返しによって、肘の内側の靭帯や筋肉に負担がかかり痛みが生じます。上腕骨内側上顆についている円回内筋、橈側手根屈筋、長掌筋、尺側手根屈筋、浅指屈筋と呼ばれる筋肉が繰り返し動作により擦れ負担がかかることで野球肘・ゴルフ肘になります。

ランナー膝

正式には『腸脛靭帯炎』とも呼ばれ、膝の外側の腸脛靭帯の付着部付近で炎症を起こします。炎症を起こす理由は、ランニングのような繰り返しの膝の屈伸運動で、腸脛靭帯と大腿骨(太ももの骨)に摩擦が反復的に起こることで、腸脛靭帯が損傷すると言われています。

オスグッド病

オスグッド病は、10~15歳の成長期の子供がスポーツで走ったり跳んだりなどを繰り返すことでみられるスポーツ障害の1つです。太ももの前側にある大腿四頭筋という筋肉は、膝のお皿の下あたりの脛骨粗面と呼ばれる部位に付着していますが、過度な運動を行って大腿四頭筋が過剰に働くことで、脛骨粗面は常に引っ張られて炎症を起こします。成長期の子供の場合、筋肉の成長が骨より遅いので慢性的に脛骨粗面に負担が掛かることと、脛骨粗面が軟骨で軟らかい為、引っ張られ続けることで脛骨粗面が剥離してしまいます。

シンスプリント

シンスプリントは脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、すねの内側に痛みが出ます。陸上競技や走り込みが多いスポーツなどをする学生に多いと言われています。特にすねの内側に走行している筋肉に負担がかかるため、すねの内側に痛みが出ることが多いです。

アキレス腱炎

アキレス腱炎は、アキレス腱に腫れや熱感、動作時や運動時にアキレス腱付近に痛みが出ることをいいます。アキレス腱は下腿三頭筋と呼ばれる筋肉の腱で、ランニングやジャンプなどのスポーツ動作を過度に行うことで起こるスポーツ障害とされています。

足底腱膜炎

足底腱膜炎は、足裏の足底腱膜に変性や炎症を起こした状態を指します。歩行やランニングでかかとから足裏に掛けて痛みが出てくるのが一般的です。繰り返し行われるランニングやジャンプ、長時間の立ち仕事などで足底腱膜が過度に伸ばされてしまうことにより起こります。

 

ハンズ鍼灸接骨院のスポーツ障害施術法

ハイボルテージ施術

スポーツのケガにハイボルテージ施術ハイボルテージ施術は、高電圧の電流を痛みの原因となっている深部組織まで到達させ、元来ある治癒力を更に高めていく施術法です。スポーツでの捻挫や打撲などにより腫れや熱を持った状態にも施術が可能なトップアスリートも愛用する施術機器です。

 

パートナーストレッチ

スポーツのケガにストレッチ施術炎症後、柔軟性を失ってしまった筋肉や関節に対してストレッチを行っていきます。痛みがなくなっただけではパフォーマンスが回復したとはいえません。柔軟性を取り戻し、可動域や筋肉の出力が十分に発揮できるよう、手技での施術をしっかり行います。

 

 

テーピング施術

スポーツのケガにテーピング施術

ハンズ鍼灸接骨院ではトップアスリートも愛用するKTテープというテーピングを採用しています。高い伸縮性と撥水性、通気性を兼ね備えた『もう一枚の筋肉』です。

遠征などの際には張り方の指導も行います。

TOPへ戻る