交通事故後の【頭痛・めまい】

  • 交通事故後から頭痛がする
  • 肩や首が痛くて何をしていても辛い
  • 病院で検査をしても異状なしと言われる
  • 天気など気圧の変化を感じやすくなった
  • 湿布や薬を飲んでも治らない

交通事故後の頭痛・めまい・吐き気┃ハンズ鍼灸接骨院・江南院

交通事故で最も多いお悩みが首のむちうちです。

むち打ちの症状として、事故から数日経過した後にめまい・吐き気・頭痛よく現れます。

原因として頸部のむちうちでは首の背骨や自律神経を痛めてしまう事があるからです。

首には自律神経が多く存在し、そこをむちうちで激しん損傷することで自律神経が大きく乱れ

頭痛・めまい・吐き気・耳鳴りなどの悩まされてしまいます。

また自律神経は痛めてしまい放置すると、神経の回復は遅い為痛みは改善してもめまいや耳鳴りが後遺症として残ってしまう事も多々あります。

頚部損傷は大きく分けて4パターン

頚部性神経筋症候群

交通事故の頚部損傷により頭部下の副交感神経の働きを悪くして頭痛やめまいを引き起こします。

副交感神経は身体や心をリラックスさせる働きをするので、その神経が働きにくくなることでイライラ、不安、不眠、抑うつなど精神的な面にも症状を引き起こします。

 

バレリュー症候群

バレリュー症候群とは事故の衝撃により首の前にある星状神経節という自律神経の損傷により、首の筋肉への血流などが変化し脳への血流が悪化し耳鳴り、ふわふわした感じを感じることがあります。

また自律神経のバランスを乱してパニック発作などを引き起こすこともあります。

 

頚部筋緊張

事故の衝撃で上記のような自律神経でなく首の後面の筋肉を損傷することで首を痛め固定されている期間が長引くと、首の筋肉をガチガチに固めてしまい肩から首の血流が悪化して緊張型頭痛(一般的な頭痛)になることがあります。

 

脳脊髄液漏出症

交通事故によるむち打ち損傷によりくも膜が傷つくと、そこから脳脊髄液が漏れ出してしまうことがあります。頭痛・めまい・吐き気など全身症状が現れます。 脳脊髄液露出症では特有の起立性頭痛(立ち上がると頭痛がし、横になると治まる)があります。

頭痛・めまいの施術方法|江南市ハンズ鍼灸接骨院

 

ハイボルテージ施術

頚部損傷直後は自律神経の損傷および頸部の筋肉の損傷も合併しており、マッサージやストレッチなどが行えないケースが多いです。

その場合はハイボルテージ(超音波+高電圧)で損傷した筋肉の炎症を抑えたり、乱れた自律神経をととのえたり、固まった筋肉をほぐすことで急性期の痛みに対した施術を行います。

ケア用機器

鍼灸療法

交通事故では自律神経の乱れによるめまい・耳鳴り・頭痛などが残存することが多いです。

鍼灸治療は東洋医学の考えから乱れた自律神経などをお薬に頼らず整えていきます。

 

手技療法

事故から数日経過して痛みが引いてきた後に、筋肉の硬さによる血流悪化などによ緊張型頭痛などを改善する為ストレッチや手技を用いて緩めていきます。

また一度損傷した筋肉も安静にしている期間に拘縮し硬くなります。それらを放置してしまうと事故から数年経過しても慢性化した痛みに悩まされてしまうので、そうならないように損傷した周りの組織を早めに緩め、また損傷個所も治癒の経過を見て痛みが引いてからしっかりケアしていきます。

 

 

 

交通事故による損傷・痛みは数日後にやってきます!

TEL0587-84-5782

 

TOPへ戻る