謎の不調やめまいでお悩みの方は、ハンズ鍼灸接骨院 江南院にご相談ください。

2019年05月15日

みなさんこんにちはハンズ鍼灸接骨院江南院の沢田侑希です(^0^)

最近28度を超える日がでてきたりゴールデンウィーク終えてこれから一気に夏に向けて気温があがっていきますね!

 

さてこのような季節の変わり目で多くの方が悩んでいるのが自律神経のバランスの乱れによる体調不良ですね、、、。

本日は自律神経の乱れによる体調不良、簡単な対策をお話しさせていただきます。

まずそもそも自律神経とは何か皆さんご存知でしょうか?

 

 

自律神経とはたった2種類の神経のことです。

交感神経と副交感神経の2つですね。

これら2つの神経は自分の意思とは関係なく勝手に働き、勝手に体の調整をずーーっと行っております。

 

【交感神経】・・・イライラ  不安  怒り  緊張  ストレスなどに働き体を興奮状態にす                    る作用を持っています。緊張したときに胸がドキドキなったり、冷や汗をかく、喉が乾く、呼吸が荒くなるなどが交感神経によるものです。

【副交感神経】・・・ウトウト眠くなる  緊張が解けてお腹がすく  おちつく  リラックスしているなどの作用です。上の交感神経との全く反対の体の反応の調整をしております。

 

交感神経と副交感神経はプラスとマイナスの関係にあり、

日常活発に働いたり、スポーツなどで闘争心を燃やすときは交感神経優位でからだを興奮させからだの機動力を高めたり、頭をすっきりさせたりしています。

反対に副交感神経優位であると、夜寝る前にウトウトしてきたり、お風呂でゆっくりリラックスして体が休まったり、これから体を休める為に電源OFFにしようとさせています。

これら二つのバランスを崩すこ事が、自律神経が乱れるという事です。

例えば夜寝るときに興奮性の交感神経がはたらくと目が冴えてしまい寝つきが悪くなります。

また反対に仕事中にリラックス性の副交感神経がはたらくと、仕事中にもかかわらず頭がぼーっとして、パソコンに向かいながらも眠くなってしまいます。

みなさん一度は経験あるのではないでしょうか?

これが神経の乱れです。

 

中にはこれをこじらせて、自律神経失調症となってしまい、めまい・耳鳴り・頭痛・肩こり・不眠症

・うつ病などになってしまう場合もあります。

ちなみには私、沢田も自律神経失調症に陥ったことがあり辛い経験をしました。

私の場合は過度なストレスが原因でした。

 

 

GWあけ体がダルくてダルくて仕方のないことを、俗に5月病なんていいますが、それもGWの昼夜逆転の生活などで自律神経のバランスを乱してしまっている可能性が高いです。

上記のように自律神経のバランスがおかしいなと感じた場合の簡単な対処法をお伝えします!

①禁酒(毎日お酒を飲む人)

②適度な運動(できれば朝のお散歩がGOODです!日光に浴びる事が重要!)

③まとまった睡眠(まず夜更かしなど乱れた睡眠を整えていくことで睡眠の質を向上    させることが大切!眠れなくても同じ時間に布団に入る習慣をしっかり体に覚えさせる!)

などが本当に基本的な自律神経のみだれを回復させる手段です。

また人間の副交感神経と横隔膜は密接な関係があるため、深呼吸やヨガなどもおすすめです。

 

 

いろんな方法がございますが、いろいろ試してもダメだったという方は是非私たちにご相談ください。

お灸や鍼、微弱な電流を神経に直接流す方法など自律神経を整えていく施術で乱れた神経を整えていきます。

季節の変わり目でいまいち体調が優れない方はハンズ鍼灸接骨院 江南院までご相談ください。

 

ホームページはこちら

めまい・神経の乱れでお悩みの方はこちら

連休明けの骨盤の歪みや身体の痛み

2019年05月8日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院 江南院の北村真郷です。

ゴールデンウィークはとても暑かった記憶はありますが、今日はとても寒いですね。私も気合をいれて半袖にしましたが、まだ上着があった方が良いですね。急な気温の変化に負けず元気に頑張りましょう。

 

皆様はゴールデンウィークは何をして過ごされましたか?車や電車などで遠出をしたり、家でゆっくり過ごしたりでしょうか?またずっとお仕事の方もいるかと思います。

連休明けで頑張ろうと思っている方が多いと思いますが、この時期身体を痛める方が多いので気を付けてください。

 

それは何故かと言うと、移動時間でずっと乗り物に乗っていた方、家でずっとゆっくりしていた方の身体、筋肉はとてもガチガチに硬くなっているからです!!!

 

ガチガチな状態でいつも通り動いたり、いつも以上に動くとそれに耐えられずに身体を痛めてしまいます。

輪ゴムを想像していただくと分かりやすいと思います。普通の柔らかい輪ゴムは引っ張っても伸びるだけですが、硬い輪ゴムを引っ張ると千切れますよね。筋肉も同じです。

 

また連休はいつも以上に遊んだりもしたと思います。無理をしてしまった方もいるかもしれません。

そうすると骨盤・背骨は歪んでしまいます。歪んでしまうと、様々な悪影響を及ぼします。

以前のブログでお話ししていますのでこちらへ→骨盤矯正

 

ではどうしたら良いのか?

一番は早めに当院に来ていただき、骨盤矯正、マッサージ、ストレッチなど施術を受けて頂く事。とにかく身体のケアは重要なのでゴールデンウィークの疲れを取りましょう。

 

しかし連休明けの仕事は忙しくて中々来れない方もいます。そのような方はどうすればいいのか?

自分で出来る事は、適度な運動・ストレッチですね。

激しい運動は痛める原因にもなるので、適度にしてください。

 

ストレッチも種類は沢山あるので、お伝えする事は出来ないのですが本やインターネットで調べればいくつも出てきます。しかし少しでも間違えると無意味になってしまいますので、気をつけてください。

 

とにかく意識してほしいポイントは

①力を抜く②伸ばしている所を意識する

です。

 

もっと知りたい方、他の事で何か分からない事がある方、お気軽にハンズ鍼灸接骨院 江南院にお問い合わせください。

 

産後の子供の抱っこと身体の負担 ~産後骨盤矯正~

2019年04月23日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院の北村 真郷(キタムラ マサト)です。

 

以前は産後骨盤矯正は重要とお伝えしましたが、今日は身体の使い方についてお話ししていきます。

お母さん、お父さん、毎日必ずお子様を抱っこしますよね。

抱っこの時間が長いほど、ご自分の身体は負担がかかります。そしてお子様が成長するにつれて、重くなってき更に負担がかかってきます。

お子様の為に抱っこする事はもちろん大事です。しかしそれで自分の身体を酷使して痛めて、お世話が出来ないなんて事になったら元も子もありません。

自分の事も大事にしてあげましょう。

 

抱っこの仕方と言ってもお子様によって縦抱き、横抱きなど好き嫌いがあると思います。そこでまず重要なのは色々な抱っこを初めから慣れさせてあげて、自分も色々な抱っこに慣れる事です。

「この抱っこしか寝ない」と言ってずっと同じ体勢でいたら自分への負担が倍増していきます。

頭の向きを左右両方出来るようにするだけで、負担も大幅に減ります。

いつも同じ方向で抱っこをしてしまっては、使っている首肩の筋肉は疲れる事はもちろん、腕や肘、手首、背中、腰に影響が出てきます。

 

そうなると骨盤や背骨も歪んできてしまい、ますます色々な所に負担がかかってきます。

そうなる前に、先程お伝えした通り、色々な抱っこをする。

それで負担が0になる事はないですが、負担が分散されていきますので、ここだけとても辛いし痛いなんて事も少ないでしょう。

 

また、抱っこの仕方によっては手首に負担が多くかかる事もあります。産後の方に多い症状です。単に使い過ぎから起きる症状なので、使わずにいれば症状も落ち着いていくのですが、難しいですよね。お子様が泣いてしまうので抱っこをしないといけません。休めずにいるとさらに手首が痛くなって抱っこが出来ないなんて事もあるかもしれません。

手首の痛みはとにかく安静、アイシング、ストレッチ。

 

当院では産後骨盤矯正の他にも、自宅で出来るケアの方法や抱っこの方法などもお伝えさせて頂くので、何かお悩みの事がありましたらハンズ鍼灸接骨院 江南院に何でもご相談ください。

 

ホームページはこちら

産後骨盤矯正のページはこちら

お尻や、ふともも、あしのしびれ、いったい何が原因なの?【坐骨神経痛】

2019年04月26日

皆さんこんにちはハンズ鍼灸接骨院・江南院の沢田 侑希です!

4月の後半ですが、寒の戻りなどで体調を崩されている方が多く見えます。皆さんも急な温度変化に体調を崩されないようにお体に気をつけて下さいね!

 

さてさて話が大きく変わりますが本日は腰 お尻 ふともも 足などにしびれる・重たく痛い・だるい・足が動かしずらく感じるなどの症状について簡単にお話させていただきたいと思います。

 

上記のような症状でお悩みの方は多いのではないでしょうか?

当院にも多くの患者様が上記のようなお悩みで、来院されてよくお話を聞かせていただいております。

 

お尻や 足のしびれ・痛みの原因について結論から申し上げますと【坐骨神経痛】の可能性が高いといえます。

坐骨神経痛を一度は耳にしたことがあるかとも多くいらっしゃるとおもいます。一言に坐骨神経痛といってもこれは単位に坐骨神経という痛みを感じたものはすべて坐骨神経痛になるので、なにが原因で神経痛をだしているのかがとても重要になってきます。

 

原因としては大きく腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・梨状筋症候群などがあげられます。

上の3つは脊髄や坐骨神経を骨や筋肉が身体のなかで圧迫や狭窄による神経との接触などによって神経が過度に興奮してしまい、しびれや痛みを引き起こしてしまうのです。

 

皆さんも正座していて、立ち上がった際に足がしびれたという経験、一度はおありだと思います。正座による足のしびれもふくらはぎの神経を自分の体重で圧迫し続けることにより足にしびれが発生しているのです。

神経とはそれほど接触や圧迫に弱く、持続的に圧力を受け続けるとしびれや痛みを感じやすい組織なのです。

したがって坐骨神経痛の施術内容としては、接触や圧迫に弱い神経を直接マッサージすることなどは難しく、神経を圧迫してしまっている筋肉や骨などの組織をゆるめたり、整えたりすることで神経の通り道をスムーズに確保し、締め付けられたり、圧迫されている神経を開放してあげることでしびれ・痛みを取っていきます。

 

また強烈な神経痛には神経に直接神経の興奮を抑える電気を流すことで、神経痛を沈めながら神経痛を出している原因の筋などをゆるめていきます。

この話を始めるとまた長くなってしまうので、別の機会にしっかりお伝えしますね! 😛 笑

 

上記のような痛みでもしお困りでしたら、ぜひ江南市のハンズ鍼灸接骨院までお問い合わせください 😛 

 

ホームページはこちら

坐骨神経痛についてはこちら

鍼灸(しんきゅう)ってなんだろう? 鍼灸って効くの?

2019年04月16日

こんにちは。北村真郷です。

気温も春らしくなってきましたね。

朝晩はまだまだ寒いですので、気温の変化や風邪などに負けないように頑張りましょう。

 

ここから本題ですが当院の名前はハンズ鍼灸接骨院 江南院。

なので勿論鍼灸治療も行なっております。

 

今回は鍼灸についてお話ししていきます。

昔に比べて鍼灸治療が浸透してきたとはいえ、まだまだ知らない人も多いと思います。なので鍼灸と聞いてまず思い浮かぶのは、「痛いんじゃないの?」でしょうか?

 

そんな事はありません!!!

鍼は髪の毛程の細さしかなく、ほとんど何も感じません。

 

またお灸は、火をつける艾(もぐさ)が直接皮膚に当たっていないので、ほんのり温かい程度です。

 

鍼灸の効果は様々ありますが、当院は特に次の様なことを意識して行っております。

 

鍼(はり)や灸(きゅう)でツボを刺激

皮膚や筋肉などの組織をわざと傷つける

傷を修復する為に細胞が活性化

自然治癒力、免疫力の向上

 

また特に大きい効果として、奥深くの筋肉を緩める事も出来ます。

 

筋肉というのは身体に一層だけでなく、何層もの色々な筋肉が付いています。

奥の筋肉を緩めようと思うと、マッサージで行う場合力強く押す必要があります。しかしそうすると、とても身体の負担となり単純に痛かったり、そのせいで痛めてしまったりとリスクが伴います。

「けど強いマッサージが好き」という方もいらっしゃると思いますが、あまり知識もなく強いマッサージを行うと、筋肉が傷つきます。また人間の身体は学習機能が備わっておりますので、その強さに負けないように更に筋肉が硬くなります。その悪循環で身体が悪くなっていくので、気を付けましょう。

 

しかし鍼灸だとその心配もなく、奥の筋肉を直接狙う事が出来ます。

なので、鍼灸は硬くなった筋肉を緩めるのに効果的。

 

慢性の腰痛、肩こり、使い過ぎによる痛みは勿論ですが、内臓疾患や自律神経系にも効果があるとWHO(世界保健機関)にも認められています。

 

 

なので長年辛い症状があったり、鍼灸が気になるという方ハンズ鍼灸接骨院 江南院にお気軽にお問い合わせください。

 

ホームページはこちら

鍼灸のページはこちら

どこに行っても治らない辛い肩コリには意外な原因が!?

2019年04月5日

皆さんこんにちはハンズ鍼灸接骨院 江南院の沢田侑希です!

気温もあがり、桜も満開になってだいぶ春が本格的になってきましたね。

新入生や新入社員の方々は職場環境や学業環境が変化し、お体にもいろんな変化の出やすい時期でもあります。

最近親御さんから聞く話では、小学生のランドセルや中学生のカバンが重たすぎて、子供の肩コリが問題になっているなどよく耳にします。

そんな肩こりの原因は意外なところにあったりします!

今まで肩が凝って辛い思いをし、近くのマッサージに通ったけどなかなか改善しないなど、多くの方が肩の症状で悩んでいるとおもいます。

それは肩の筋肉で血流を悪くしてしまい、筋肉の緊張を発生させ肩がガチガチに固まってしまっているのですが、そもそもではなぜ肩の血流がそこまで悪くなってしまうのでしょうか?

 

答えは肩甲骨の位置関係が原因です!

肩こりが強い人の特徴は肩甲骨が本来の位置よりも外に大きく開ききってしまっている事が多いです。

それにより肩から肩甲骨の間、背中までの筋膜が緊張状態になってしまい、その隙間を通っている毛細血管での血流が著しく悪化することにより筋肉での緊張を生み、肩が辛く感じてしまうのです。

そしてその肩甲骨を外に大きく開いてしまう筋肉が実は胸の筋肉と脇の下の肋骨にくっつく筋肉です。ちなみに大胸筋 小胸筋 前鋸筋といいます。

これらの筋肉がつっぱり、固まってくると肩甲骨を外+前に引っ張ったまま固定してしまい、肩、背中の筋肉が引っ張られたままになってしまいます。

それによって姿勢が崩れることを、みなさんも一度は聞いた事があるとおもいますが【

巻き肩】といいます。

肩が前方に巻かれてしまい、背中が丸まって【猫背】になってしまうのです!

そのように姿勢が悪くなってしまうことで、肩や肩甲骨の間に痛みを感じてしまうのです。

したがって巻き肩による不良姿勢からくる肩コリなどは、肩の筋肉をただマッサージやストレッチでほぐすだけでなく、肩甲骨を開いてしまう原因をつきとめる必要があります。

それらを施術することで、肩こりを根本から改善することを当院では行っております。

 

今回は【巻き肩】による肩こりのお話をさせて頂きましたが、肩こりの原因は他にも首からくるものや、骨盤、背骨に原因があるものなど人によって理由はさまざまです。

今までただ肩のマッサージやストレッチを行うだけで、今でもなかなか治らない辛い肩こりでお悩みの方はどこに原因があるかしっかり原因追及をおこない、必要な場所にしっかりアプローチすることで辛さを改善してくことは可能です!

もし上記のようなことでお困りの方がいらっしゃいましたら江南厚生病院すぐとなりにあります、ハンズ鍼灸接骨院 江南院までお問い合わせください!(^0^)/

 

ホームページはこちら

肩こりでお悩みの方はこちら

辛い腰痛には骨盤矯正が効果的

2019年03月30日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院 江南院の北村真郷です。

もうすぐ新年度が始まりますね。気分も新たにスタートしたい所ですが、身体が痛いとやる気も出ないですよね。

その中でも、辛い人が多い「腰痛」についてお話ししていきます。

腰痛と口で言うのは簡単ですが、本当に辛いですよね。

長い人だと何十年と痛い方もいらっしゃいます。

 

腰痛の原因は様々です。

日常生活や仕事の疲れ、重いもの持った、捻った、姿勢が悪い、冷え、など色々ありますが、おそらく一番多い原因は「分からない」です。

腰痛の原因の1つは上記で挙げたものからくる骨盤の歪みなのです。

骨盤は1つの骨ではなく、3つの骨が合わさったものを言います。それらが歪んでくるのです。

歪みがあるという事は、通常とは異なる状態です。

普段負担のかからない所に負担がかかるようになり、筋肉が硬くなり、そして痛みとして出てくるのです。

 

骨盤の上には背骨があります。下には足があります。

骨盤は身体の中心にあるので、歪むと様々な所に悪影響を及ぼしますが、特に一番近い腰に影響があるのです。

骨盤も人それぞれですので、しっかり検査しなければ状態は分からないですが、今まで診させて頂いている中で多いのが、骨盤が前に倒れているパターンです。

先程お伝えした通り、骨盤の上には背骨があります。

なので骨盤が前に倒れていると、自然と背骨も前に倒れます。

そうなるとバランスを失い、身体も前に倒れますが、皆様は倒れる事なく普通に生活していると思います。

それは何故か。腰を後ろに沿って身体を起こし全体的なバランスを保っているからです。

いわゆる「反り腰」。とても腰に負担がかかり痛くなります。

という様に、骨盤はとても重要です。

今回お話しさせてもらったのはほんの一例です。

当院では、来て頂いた方一人一人の痛みの原因や身体の状態を把握し、納得いくまでご説明し、それに基づいた治療させて頂きます。

 

現在痛みがあってお困りの方、痛みはないけど今後も健康で過ごしたい方、気軽にハンズ鍼灸接骨院 江南院にご相談ください。

 

ホームページはこちら

腰痛に関してはこちら

産後の痛みを産後骨盤矯正で整えよう

2019年03月14日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院の北村 真郷(キタムラ マサト)です。

ハンズ鍼灸接骨院 江南院では外傷の治療はもちろん行なっていますが、今日は産後骨盤矯正についてお話しさせて頂きます。

産後の方は、肩、背中、腰、股関節、恥骨、膝、手首などが痛いや産後太りなど色々な症状で来院されます。なぜ色々な所が痛くなって来るかというと、産後は産前と違い身体が大きく変わっているからです。

特に変わるのは「骨盤」です。

 

通常の骨盤では赤ちゃんがお腹の中にいるのは窮屈です。なので脳から出るホルモンにより、関節や筋肉を緩めます。そのおかげで、骨盤が大きく広がり赤ちゃんがゆっくり過ごせるのです。しかし緩い状態だからこそ「骨盤」が歪みやすくなっているのです。

通常より大きく広がってしまったり、骨盤が左右どちらかに歪んでしまうことにより、腰や股関節、恥骨などに症状が現れてきます。

また今までと違う状態で過ごす事になるので身体の使い方も変わってくるので、色々な所も痛くなっていきます。

 

なので当院では、痛みを根本的に解決していく為にまずは「骨盤」を整えていき、広がりを締めるという事を行います。そうする事により、徐々に「骨盤」の状態が安定していき、痛みも徐々に取れていきます。

「子供見てくれる人がいないから行けないわ」と悩んでいる方、是非お子様と一緒にいらしてください。当院ではバウンサーを完備しておりますので、お母さんの横にいる事が出来ますし、スタッフもお子様を見させていただくのでご安心ください。

当院の産後骨盤矯正の目安としては1カ月検診が終わり、何も身体に問題がなければ大丈夫ですのでその点だけご注意ください。

 

また他の症状でお悩みであっても何でもハンズ鍼灸接骨院 江南院にご相談ください。

他の痛みに関しては様々な原因があるので、それは後日お話しさせて頂きます。

ハンズ鍼灸接骨院では交通事故治療をおこなっております!

2019年03月23日

皆様こんにちはハンズ鍼灸接骨院・江南院、院長の沢田 侑希です!

花粉がかなりきついシーズンになってきましたね。僕自身も去年より花粉症デビューいたしまして毎日目と鼻がつらい思いをしております。

さて、話がガラッと変わってしまいますが、ただいまハンズ鍼灸接骨院では【春の交通事故・撲滅キャンペーン】というものを行っております。

帰りに施術券と一緒にA4サイズの用紙をお渡ししておりますが、もらった方は目を通していただけたでしょうか?

交通事故予防の情報と、万が一交通事故にあってしまった際の対象法がなどが記載されています。

交通事故に合わないために気を付けてお車を運転することがもちろん第一ですが、もし交通事故に遭遇してしまった際にでも落ち着いて対処できるように、情報として頭の中に処理の仕方やその後の対応の仕方を勉強しておくことも大切になります。

ここでも簡単に事故にあってしまった場合の対応の仕方をご紹介させていただきます。

①相手・自分の安否を確認して必要に応じて救急車を呼びましょう。

②警察に連絡をしましょう。

③相手の連絡先・氏名・車のナンバーなどを確認しましょう。

④保険会社に連絡しましょう。

⑤医療機関に連絡しましょう。

(※その場で示談交渉は行わず、必ず警察に連絡しましょう!)

上記のように交通事故を起こしてしまった際にはやることが意外と多く存在します。

ですが、事故を起こしてしまった直後で頭のなかがパニックになってしまいます。そのような場合は当院にご連絡ください。

事故処理、事故後の流れをアドバイスさせて頂き、またお体の施術もさせて頂きます。

 

事故でのむち打ちの痛みは遅れてやってくることが多々あります。また深いところを痛めてしまっている為、痛みが治りにくいケースも多いです。したがって事故後のお体はしっかりみていく必要があります。

交通事故での施術は自己負担0円で行えます。(自賠責保険・任意保険の適応になります)

交通事故治療は期限がもうけられての施術となりますので、その期間中にしっかりお体を施術していくことをおすすめします。

交通事故については知っているか、知っていなかで大きく損をしてしまうこともありますので、なにか気になることがありましたら是非ご相談ください!

また交通事故は起こさないことがもちろん一番ですので皆様安全運転でいきましょう!

 

ホームページはこちら

交通事故施術に関してはこちら

2月にオープン致しました!ハンズ鍼灸接骨院です!

2019年03月1日

皆さまこんにちは2月13日に江南厚生病院のとなりにオープンいたしました。
ハンズ鍼灸接骨院、院長の沢田 侑希です!

この度ハンズ鍼灸接骨院でブログを開設いたしましたので、初投稿ということで私どもの紹介をさせて頂きたいとおもいます!

まずハンズ鍼灸接骨院は岩倉市にあります、ハンズ治療院・整骨院が本院となり、江南院は分院にあたります。
岩倉市では口コミサイトで常に上位であるなど、11年の実績を積んで岩倉市で選ばれ続けた施術をより多くの方に提供したいという思いで、 この度江南市にオープンという運びになりました。

我々の掲げる施術のコンセプトとして【痛みを引き起こさない体づくり】を目指して施術を行なっております。
痛みを取るとか、軽減させるのではなく、痛みを引き起こさない体にすることがとても大切ということを患者さまにお伝えしたく、丁寧に日常を聞き取りそこから痛みの原因をまずは導き出すところから始めます。

体に痛みが発生するのにも、原因があります!
その原因が何かも分からずに闇雲に施術をおこなってもただ体を触っているだけになってしまう為、痛みの原因としっかり向き合って突き止めます。
その上で原因に対してしっかり合った施術を行うことで、お体をより良い方向へと導くお手伝いをさせて頂くことが我々の目的です。

したがって、日常での気をつけるべき点や、やってほしいストレッチ、トレーニングなどもしっかりご指導させて頂くことで。患者様と一緒になって患者様の体の勉強をしていき、より良い、豊かな生活を送っていただけるようなご提案をさせていただきます。

もし、お体でお困りのことがございましたら何んでも是非ご相談ください(^0^)

TOPへ戻る