ハイボルテージ施術

  • 強い痛み、炎症、腫れがある
  • 神経痛、手足がしびれる
  • ぎっくり腰になった
  • 捻挫や突き指などスポーツでケガをした
  • 少しでも早く回復したい

江南市のハンズ鍼灸接骨院では、炎症、腫れを伴う痛み、ぎっくり腰、スポーツ選手の捻挫などに対して早期回復を目的にハイボルテージ施術を行っております。

また、坐骨神経痛などの神経痛にも作用を発揮します。

3つの効果とは?

ハイボルテージ施術|江南市ハンズ鍼灸接骨院

ハイボルテージ施術とは①Hi-Voltage(ハイボルテージ)療法 ②MCR(マイクロカレント)療法 ③超音波療法 を複合する施術をいいます。

Hi-Voltage(ハイボルテージ)療法

ハイボルテージ療法とは欧米生まれの高電圧電流(最大150V)を用いる鎮痛作用の高い施術法です。従来の電気施術に比べて短時間で痛みを軽減できる事から、その場で効果が要求されるトップスポーツ選手が活躍する現場などで用いられる事が多い最先端の高圧電気療法です。

MCR(マイクロカレント)療法

MCR療法とは人体に存在する電流に似た、マイクロ電流を体内に流すことで、筋肉に刺激を与え傷ついた細胞の修復を促進する施術法です。極めて弱い電流でほとんど刺激を感じませんので、神経や筋を興奮させず、運動後の筋肉痛の軽減や疲労回復に有効です。

超音波療法

超音波療法とは温熱及び非温熱効果(音圧効果)を伴う療法の一種で、筋肉と関節組織の損傷に対して行い、疼痛緩和と関節可動域拡大の獲得を目的としています。超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めます。

ハイボルテージ施術が得意な症状|江南市ハンズ鍼灸接骨院

  • 腫れ、炎症を伴う捻挫や肉離れ
  • 関節、筋肉の痛み
  • 突き指
  • 打撲
  • 筋肉痛
  • ぎっくり腰
  • 寝違い
  • 坐骨神経痛
  • 胸郭出口症候群
  • 手足のしびれ、神経痛 など

TOPへ戻る