おしりの痛み(梨状筋症候群)

  • おしりが痛くて長時間座っていられない
  • 長時間歩くとおしりが痛くなる
  • 常におしりから太ももの付け根が痛い
  • 車の運転などでおしりが痛くなる
  • お尻から太ももにかけてしびれが

お尻の痛みでお困りではございませんか?

そのお悩みハンズ鍼灸接骨院 江南院にお任せください!

 

⇓⇓⇓ネット予約はコチラ⇓⇓⇓

梨状筋症候群とは?

梨状筋症候群とはお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫して発生する坐骨神経痛のことです。

(坐骨神経痛とはお尻・ももの裏~外側・スネの外側に痛み・しびれ・だるさなどが発生します。)

 

梨状筋とはお尻の筋肉の一種で、深いところにあります。

坐骨神経は梨状筋を貫くようにしいて通っている為、梨状筋が緊張して硬くなることで坐骨神経を圧迫してお尻~脚に痛みがでます。

 

梨状筋症候群の症状

【初期】

立ちっぱなしや座りっぱなしなど、仕事などによる影響でお尻の筋肉(梨状筋)が硬くなることで坐骨神経に接触し始めます。

症状:おしりから太ももにかけてのだるさ・違和感

 

 

【進行期】

おしりの筋肉の緊張が強くなり坐骨神経の圧迫をさらにきつく締め付けはじめ痛みやしびれが出現します。

症状:おしり~ふくらはぎの外や裏にかけて痛み、重さ、しびれが出現・足をつりやすくなる

 

 

【末期】

おしりでの筋緊張が慢性化し、常に神経を圧迫した状態が続いてしまい症状がどんどん悪化していきます。

症状:おしり~ふくらはぎの外に強い痛み・常に足がしびれて歩きにくい

 

ハンズ鍼灸接骨院の施術方法

当院での治療はまず痛みがどこから来ているかをしっかり検査・判別し【初期】【進行期】【末期】に合わせて適正な治療を行います。

 

痛みやしびれが強く生活や仕事が困難な方ではまずは痛みを軽減させるハイボルテージ

施術を施し、痛みやしびれの緩和を行います。

 

 

 

 

その後に痛みを残したり、繰り返さないように、坐骨神経の出どころである腰の背骨・骨盤・梨状筋などの治療として骨盤矯正・背骨矯正などを行います。

 

梨状筋症候群は姿勢の歪みや筋肉により神経を圧迫することで発生する痛みしびれなので、

根本的な原因の神経の圧迫部位をしっかり治療しないと完治しません。

したがって当院では痛みの消えた先の再発防止の為姿勢矯正などをオススメしております。

 

⇓⇓⇓ネット予約はコチラ⇓⇓⇓

 

TOPへ戻る