最近多い坐骨神経痛について ~愛知県江南市~

2021年08月24日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院です。

現在コロナワクチンの接種が行われておりますが、接種がまだまだと言う方がほとんどで、仕事はまだまだ在宅でと言う方も多いと思います。

 

なので長時間座っていると腰やお尻、足にかけて痛みや痺れが出ている事もいるかと思います。この症状が名前も聞いたことあるかと思います「坐骨神経痛」なのです。

 

長時間座っているとお尻の筋肉がどうしても硬くなってしまいます。お尻には坐骨神経がありますので硬くなった筋肉で神経を圧迫してしまうのです。

そうすると神経の流れが悪くなってしまい、先ほど申し上げた坐骨神経痛が出現し、痛みや痺れと言った症状が引き起こされます。

 

なので対処法も1つ。

その硬くなった筋肉を柔らかくすれば良いのです。

神経が硬くなった筋肉のせいで傷ついている状態なので,神経自体の治療も行えばより早く身体は改善していきます。

ハンズ鍼灸接骨院では「ハイボルテージ」という機器で神経の治療を行っております。

硬くなった筋肉はマッサージやストレッチで、神経はハイボルテージを行ってあげる事で素早く改善にもっていけます。

 

またご自宅でも自分で出来るストレッチを指導させて頂きますので、一緒に協力して早くお身体を整えていきましょう。

 

こう言った症状や、他の症状でもお困りの方は是非一度ハンズ鍼灸接骨院までご相談ください。



 

【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

背中にも痛みが出てきた場合の坐骨神経痛の対処法

2021年02月24日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院です。

 

今回は「背中にも痛みが出てきた場合の坐骨神経痛の対処法」についてお話していきます。

 

しかし背中に坐骨神経痛は起こりません。何故かと言うと坐骨神経痛は、坐骨神経に何らかの理由でキズなどが出来てしまい神経の走行に応じて痺れや引き起こされる事を言います。

その坐骨神経の走行は腰部~臀部(お尻)~足なので、背中に起きることはありません。


では背中に痛みが出る神経痛とは何なのでしょうか?

そのほとんどは、肋間神経が痛めている「肋間神経痛」だと考えます。

肋間神経とは背中~脇腹~胸と肋骨に沿って走行している神経なので、その走行に応じて痛みや痺れが引き起こされます。

 

この原因も様々ありますが、まずは神経の始まりである背骨の症状です。

胸椎椎間板ヘルニアや背骨の変形といった骨そのものの原因が考えられます。そう言った場合身体を動かるのもツラい状態になります。

次に代表的なものは「帯状疱疹」というウイルスが関わっていきます。これの特徴としては皮膚に異常が無くても表面に「ヒリヒリ」や「ジクジク」するといった事が感じられます。

また単純なものとしては、背中周りの筋肉が硬すぎる事によって神経を圧迫してしまい症状が現れるというものです。


骨そのものに原因があった場合、接骨院ではヘルニアなどを完全になくすことは難しいですが、神経症状や痛みを特殊な電気治療で取り除く事は出来ます。

帯状疱疹の場合は皮膚表面に赤い発疹が見えるので、一早く病院に行って薬を貰いましょう。

筋肉が原因であればマッサージやストレッチで柔らかくしていきます。


一概に1つの症状と言っても対処法は様々です。

しっかり診させて頂いた後、その日その時に合った施術を行います。

背中の痛みもそうですが、他に身体で不調やお悩みがありましたら1度ハンズ鍼灸接骨院までご相談ください。


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

 

坐骨神経痛を治せるのは手術以外にないのか?江南市

2021年02月11日

何でもご相談下さい

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院です。

今回は「坐骨神経痛を治せるのは手術以外にないのか?」についてお話していきます。

 

結論を言えば「手術以外でも治せるものはある!」です。

そもそも坐骨神経痛とは、傷病の1種ではなく、症状の1種です。どういう事かと例えて言いますと「風邪そのものではなく、風邪のなかの咳や鼻水」と言った病気のせいで起こるものと一緒なのです。

なので、坐骨神経痛の原因が手術以外でも治せるものであれば大丈夫です。

 


 

まずは治せるものと言えば、「梨状筋症候群という傷病による坐骨神経痛」です。

梨状筋症候群とは簡単に言えば、お尻の筋肉(梨状筋)が硬くなりすぎて痛みが出ているものを言います。重い物をよく持つ人や、座り仕事が多い人によく出る傷病です。

梨状筋が硬いとその付近を通っている「坐骨神経」を圧迫して流れが悪くなってしまい、お尻から足にかけて痛みやダルさ、痺れなどの症状(坐骨神経痛)が現れます。

これは原因がお尻の筋肉の硬さとハッキリしているので、その筋肉をマッサージやストレッチなどで柔らかくしてあげれば、手術の必要もありません

 


 

次に「背骨の不調(ヘルニア、脊柱管狭窄症など)による坐骨神経痛」です。

これは一言では言えないのですが、坐骨神経痛だけを治すことは出来ますが手術しないと完治は難しいです。

どういう事かと言いますと、先ほどもお伝えしたように、坐骨神経痛は症状の1種なのでその症状を落ち着かせてあげる事は可能です。

しかし背骨自体は手術しないと完治は出来ません。

なので当院では、「手術はしたくないけど身体が辛いからどうにかしてほしい」や「手術するほど悪いものではないけど身体が辛い」、「手術後のケア」などで多くの人に来て頂いています。

 


 

もちろん人により腰痛や、坐骨神経痛の原因は違います。

ハンズ鍼灸接骨院・江南院ではまずはお身体の様子を聴かせて頂き、それに対して精一杯やれることはやらせて頂きます。

なのでお身体の不調でお悩みの方は是非一度ハンズ鍼灸接骨院までご相談ください。

 


 

【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

TOPへ戻る