寝起きの手や足のシビレって何が原因なのか? 接骨院 江南市 岩倉市 

2022年09月8日

みなさんこんにちは、ハンズ鍼灸接骨院江南院の藤本です。

朝起きてきずいたら手の痺れ、脚の痺れがあると悩まれている方はいらっしゃいますか?

寝起きの手や足の痺れにはいくつかの原因が考えられます。

血管、血流の問題

神経の問題

脳の問題

両手で起こるのか?片手に起こるのか?

両手におこおる場合は、起こった部分よりもに近い部分に原因があります。

逆に片側に起こる場合は、その痺れ部分の近くに起こった場合があります。

 

血管の問題

血管がなんらかの原因で締め付けられ、うまく血流が流れないことで起こる痺れです。普段から冷えなどで循環の悪い方が良く起こります。普段血流が悪い方は寝ている時に身体を動かさない事でより血流が悪くなり特に痺れが出やすいのです。特徴は起きてしばらく動くと痺れがなくなるといった場合です。例で言うと腕を上げた状態でキープしたときに腕が痺れてくる時に感じる症状です。

神経の問題

腕枕や横向きでの特定の部位を圧迫することで痺れが出てきます。これもすばらくするとなくなることが多いです、普段寝返り身体が無意識に調節しているのですが、寝返りが打ちにくい方などに多い症状です。

脳の問題

特徴としては片側の顔の部位が痺れている、動かしにくいなどの症状が出ます。時間が経っても症状が改善しなくむしろ症状がひどくなる場合があります。この場合は、早急な対応が必要です。

大概のシビレは当院でも対応することができますが、③脳の問題に関しては当院では対処することができません。普段から変化を見逃さず少しでも不安なことがあればお気軽にご相談ください。専門の知識を持ったスタッフが対応させていただきます。


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

 

しびれが発生するメカニズム ~江南市 接骨院 岩倉市~

2022年08月25日

みなさんこんにちは、ハンズ鍼灸接骨院江南院です。

 

皆さんは痺れと聞いて何を思い浮かべますか?

 

・正座をしている時に足が痺れる。

・横向きで寝ている際に下敷きになっている腕が痺れる。

・恋人に腕枕をしている腕が痺れる。などが挙げられると思います。

 

全て共通点があります。

まず痺れを何故感じるのかというと「神経」が関係しています。

神経が何かしらの要因で圧迫もしくは走行を阻害され脳への伝達がうまく行えなくなることで痺れが出ると言われています。

上記の様に原因が正座と分かっているのであれば、その正座をやめれば痺れはなくなります。

 

原因が他にあって、その原因が中々解決できない場合が何日、何か月と痺れが続く事になってしまいます。

 

原因①

神経の大元(根本)がダメージを受けた場合

これは1度は聞いた事があると思います「ヘルニア」や加齢とともに背骨同士の隙間が狭くなる「脊柱管狭窄症」などが挙げられます。

神経は脳から出て背骨を通って様々な場所へ走行します。なので脳や背骨に問題が生じればそれに関連した場所にも痺れなど悪影響を及ぼします。

 

原因②

神経の通り道がダメージを受けた場合

神経は背骨を出た後、筋肉の隙間を通過し様々な場所へ走行します。

その周りの筋肉が硬すぎるとその通り道が狭くなってしまい神経を圧迫し流れが悪くなってしまうのです。有名な症状は下半身に痺れが出る「梨状筋症候群」と上半身に痺れが出る「胸郭出口症候群」です。

 

まずは何が原因かと明確にします。

それに対して痺れを取り除くのに特化した電気施術を行い、硬くなっている筋肉を柔らかくしていきます。

痺れの原因が知りたい。また長年痺れている方などお困りの方はハンズ鍼灸接骨院までご相談ください。


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

 

高校生がなりやすい膝痛の病気の種類は何があるのか? 接骨院 江南市

2022年08月12日

こんにちは、ハンズ鍼灸接骨院江南院の藤本です。

みなさんは高校生がなりやすい膝の痛みがある事をご存知でしょうか?

今回はいくつかある中のオスグット・シュラッター病とジャンパー膝を紹介していきます。

 

・オスグット・シュラッター病

小学生高学年から中学生くらいの成長期に頻発するスポーツ障害です。

特にサッカーやバスケットボールやバレーボールなど、膝を良く使うスポーツ種目によく見られます。男女比では男児に多いのが特徴です。

原因として太もも前面の筋肉が硬いことが挙げられます。膝のお皿の少し下の位置に停止するこの筋肉が硬くなれば硬くなるほど停止部への負担が重なり、最終的に骨が突出して痛みが出てきます。これがオスグット・シュラッター病なのです。

痛みを我慢して運動を続けていると、大人になって後遺症が残る場合もあるのでできるだけ症状が治まるまでは安静にしましょう。

 

 

・ジャンパー膝

バレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作やサッカーでのキック動作を多用する場合によくみられる症状です。(主に膝を伸ばす機構の使い過ぎによる障害と考えられています。)

こちらも太もも前面の筋肉の硬さが原因だとされています。特に成長期の長身選手は骨の成長に筋肉の成長が追い付けず、筋肉が硬い状態となり関節やお皿に大きな負担(過度な牽引力)がかかってくるため起こる慢性障害です。

年齢は12~20歳までの10代男性に多いとされています。

ジャンパー膝、オスグッド・シュラッター病共に太もも前面の筋が硬いことが原因なので、治療法としては出来るだけ安静を維持していただく保存療法を行います。

運動後に痛みを感じる場合は、太もも前面の筋肉のストレッチや練習後の痛みを感じる局所へのアイシングを徹底してください。

またサポーター装具を装着することで症状の悪化を防ぐことができます。なので運動後に疼痛がある場合は装着するようにしましょう。

運動後のストレッチで伸ばしてほしい筋肉は股関節を曲げる筋肉です。

【やり方】うつ伏せに寝てもらい骨盤を固定した状態で膝を曲げて伸ばしたい方の足を股関節から上げます。十分に前側が突っ張ってきたらそこで15から30秒ほど保ちます。

もしストレッチや症状について分からないことなどございましたら、当院まで!

専門の知識を持ったスタッフが分かりやすく説明致します。

 


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

 

 

 

筋トレをして膝の痛みを取る方法とは!?江南市

2020年12月8日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院です。

今回は「筋トレをして膝の痛みを取る方法」をお伝えしていきます。

 

結論から申し上げますと太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛える事です。それは何故かと言いますと、大腿四頭筋は股関節〜膝のお皿の下まで付いて膝を覆っているので、膝の不調の原因の大半はこの大腿四頭筋になるのです。

なので痛める原因もそうですが、守ってくれる役割もありますのでしっかり鍛えてあげれば痛みを取り除く事が出来ます。


一番有名な筋トレは「スクワット」ではないでしょうか?

間違ったやり方で行うと腰を痛めてしまう可能性があるので注意してください。一番やってはいけない事は、腰を丸めて行う事。

それで腰を痛めた方を何人も施術してまいりましたので気をつけてください。

一番安全に行うには、壁に背を当てて背筋を真っ直ぐの状態にして行う方法です。これなら丸くなる心配もありませんので、心配な方はこの方法で行ってください。


しかし筋トレは痛みがほとんど落ち着いてから行ってください。

痛みがある状態で行うと、膝も悪化する場合があります。

 

その中でも何か運動を行いたい方は散歩(歩く)程度にしてください。

しかし一番安全なのはプールなど水の中で歩く事です。

 

理想的な順序として①水の中で歩く②普通に歩く③走る、筋トレです。

 

 

しかし何度も言うように頑張り過ぎると、治りが遅くなるどころか悪化させてしまう場合もありますのでしっかりお身体の状態を理解した上での運動、筋トレをよろしくお願いします。

 

またもっと他の筋トレを知りたい方、詳しく知りたい方がいらっしゃいましたらお気軽にハンズ鍼灸接骨院までご相談ください。


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

 

湿布を貼っても肩こりが改善しない理由は?江南市の鍼灸接骨院

2020年11月11日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院の北村真郷です。

今回は「湿布を貼っても肩こりが改善しない理由」についてお話していこうかと思います。

そもそも湿布には大きく分けて「温湿布」「冷湿布」の種類があります。

2つとも主成分はほとんど同じですが、皮膚表面を温めてくれるか、冷やしてくれるかの違いです。

 

そして肩こりとは日頃の疲れや姿勢などで筋肉が硬くなり、血行が悪くなっているものがほとんどですので貼るなら温かくなる「温湿布」です。

では何故温湿布を貼っても肩こりは改善しないのでしょうか?

それは先ほどもお伝えしたように、湿布とは表面上の効果しかないからです。勿論それでも多少は良くなる場合もあります。しかし肩こりは表面だけでなく肩の奥の筋肉まで硬くなっている人がほとんどです。

なので一時的に良くなってもすぐに再発してしまうのが現状です。

 

ではどうすれば良いのか?

肩の奥の筋肉まで柔らかくする+硬くなる原因を取り除く事

それが再発しないお身体を作るのには必要です。

 

その硬くなる原因と言うのは主に「姿勢」にあります。

パソコンやスマホを触っている時、姿勢が丸くなっていませんか?

普段誰かに「姿勢が悪いよ」と言われたことはないですか?

 

それが筋肉が硬くなる原因の1つですので、誰がどう見ても「良い姿勢」と言われるように、また肩こりも勿論ですが腰痛などの予防の為にしっかりご自身の姿勢を見直しましょう。

 


 

肩こりや腰痛、たま他の症状や、姿勢や骨盤の歪みでお悩みの方がいらっしゃいましたら是非一度ハンズ鍼灸接骨院までご相談ください。

 


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

 

9月は交通事故キャンペーンを実施中です!

2020年09月2日

当院では交通事故治療を随時行っております。
交通事故によるむち打ち損傷打ち身など事故によって起こる身体の不調に対しての治療を得意としております!

皆さんは交通事故に遭った際何をすればいいかご存じですか?

実際に交通事故に遭うとパニックになり、どうすればいいか分からないまま話が進んでしまうケースも多々見受けられます。その場合患者さんが適正に治療を受けることができないこともあります。
当院では患者さんが適正に治療を受けられるよう、保険のアドバイスや対応も分かりやすくサポートしていきます。

何でもご相談下さい

 

どんな治療が受けられるの?】
ハイボルテージによる電療やマッサージストレッチなどの手技療法をメインで行っていきます。

【ハイボルテージ治療】超音波+電気刺激が組み合わさったものです

超音波➡音の振動により細胞同士を振動させ、その際に生じる摩擦熱により患部を立体的に温めます。その結果疼痛の緩和、筋肉や関節の痛みの軽減効果があります。

電気刺激➡皮膚抵抗の少ない電気刺激を充てることにより、身体の深部により強い電気刺激をあたえることが出来ます。さらにマイクロカレントと言う特殊なモードを使うことで、傷ついた組織の修復を早め患部の治癒促進に繋がります。

ケア用機器

ハイボルテージ治療は事故後の激しい痛みや炎症が起きている部分の鎮痛にとても効果的です!正しい知識と練習を積み重ねたスタッフが責任をもって治療を行います!

【交通事故治療にかかる費用は?】

交通事故で鍼灸接骨院へ通院する場合治療費の自己負担は原則ありません。なぜかというと、交通事故による怪我やむち打ち損傷に関しては加害者の方が治療費の賠償責任を負うからです。したがって自己負担ゼロで本格的な治療を受けることが出来ます!

最後に・・・
通院の方法や保険会社との交渉など交通事故に関することは全てサポートさせていただきます!被害者の患者さんが損をしない為にも患者さん自身にも正しい知識と身に付けて頂くことが大切です。交通事故についてお困りの事がありましたら是非ご相談ください!

 

江南市で交通事故に遭った時になんの保険が使えるのか?

2020年08月21日

皆さんこんにちは、ハンズ鍼灸接骨院 江南院の沢田です!

本日は当院の交通事故治療に関するテーマでお話させていただきます。

 

交通時期では【自賠責保険】を使用します!

もし万が一交通事故にあってしまった際には”自賠責保険”を使用しての治療となります。

 

したがって加害者側の保険を使用しての治療なので、患者様は窓口負担金は0円で治療することが可能です!

 

 

 

もし事故にあってしまったら?

もし事故にあってしまったら必ず以下のとうりにしてください。

 

 

①必要に応じて119に連絡する。

②110に連絡する

③相手の連絡先を確認する

④任保険の会社に連絡する

⑤当院に連絡してください

⑥治療開始

 

 

 

自賠責保険を利用しての治療の場合、上記の手順を正しく行わないと、慰謝料を正しく受け取れなかったり、治療が行えない事があります。

 

事故に巻き込まれてしまった際には、速やかに上記の手順を踏んで、治療を開始することがしっかり治療を受けきるコツです。

 

そのような、正しく治療を受けて、正しく慰謝料を受け取れるように当院では患者様が示談されるまでしっかりサポートさせていただきます。

 

 

もしも事故に巻き込まれてしまった場合には当院までご連絡ください。

 

ハンズ鍼灸接骨院 江南院【アクセス】

☎0587-84-5782

当院のホームページ➡https://hands-kounan.com/

WEB予約は➡コチラ
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000493205/

アクセス(江南厚生病院すぐ隣)

https://goo.gl/maps/FLRPkBeVtaK4Y82f6

 

TOPへ戻る