腰痛の効果的な体操は何があるのか?愛知県江南市

2021年03月10日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院です。

 

今回は「腰痛の効果的な体操」についてお話していきます。

しかし、初めに言わせてください。全ての体操がそうですが、体操中症状が悪化したり痛ければ即刻中止してください。身体を無理に動かすと、良くしようと思っていても悪化に繋がる恐れもありますので注意しながら行うようにお願いします。

 

さて、ここから本題ですが、腰痛の体操と言っても沢山あります。なので今回は簡単なものだけお伝えしていきます。


 

そもそも腰の動きは捻る事が出来ません。捻るのは背中の役割なのです。本来の腰の動きは前後屈(前かがみ、後ろに反る)しか出来ないのでその動きを行って頂きたいのです。

①仰向けで寝る → ②両足を曲げて抱え込む(ダルマさんの様に)(片足ずつでも良い)

この姿勢で腰が丸くなりますので、反り腰の方には効果的です。

 


 

また腰痛持ちの方は、腰の動きをかばってしまいお尻の筋肉が硬くなります。

なのでお尻の筋肉をストレッチしてあげると腰痛全般に効果的です。

①少し硬めの椅子に座る → ②足を組む(足首辺りを反対の足に乗せるように) → ③そのまま身体が丸くならない様に前に倒れる → ④反対足も

 


全ての体操(ストレッチ)で大事なのは、「力を抜く事」です。少し難しいですが、筋肉を伸ばそうと頑張りすぎるあまり、変な所に力が入ってしまい効果が半減してしまう事があります。極端な話、テレビを見ながらや、携帯を触りながらなどながら運動で行えば適度に力は抜けますので、中々続ける事が難しい人は何かのついでに行っても大丈夫です。

もっと頑張れる方は、体操(ストレッチ)中、動かしている、伸ばしている筋肉がどこかを意識しながら行ってください。更に効果はアップします。


 

今回は簡単な体操をお伝えしましたので、もっと詳しくお知りになりたい方はお気軽にハンズ鍼灸接骨院までご相談ください。

 


【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

慢性な腰痛に効果的なツボとは!?江南市の接骨院

2020年10月9日

こんにちは。ハンズ鍼灸接骨院の北村真郷です。

今回は「慢性な腰痛に効果的なツボ」についてお話していきます。

そもそも「慢性」とは何でしょうか?

人間の怪我の種類には大きく分けて「慢性期」「急性期」があります。

 

【急性期】

簡単に言うと出来たばかりの怪我・痛みです。

急性期は筋肉などのにキズがある状態なので無理は禁物です。

自宅での対処方法はまずは安静!そしてアイシング(冷やす)です。

ツボの位置によっては刺激しすぎると悪化させてしまうので、気を付けてください。

 

【慢性期】

簡単に言うと長年の疲労などが積もりに積もっている状態です。

そうなるとその部分の血行が悪くなって筋肉が硬くガチガチの状態になっています。

自宅での対処法は急性期と逆で動かす事!そして温めるです。

ツボもしっかり刺激して筋肉自体も柔らかくしてあげてください。

 

【ツボ】

腰痛に効果的なツボは沢山ありますが、今回は代表的なものだけご紹介いたします。

腎兪(じんゆ)

へその高さで腰に手を置くと自然に親指が届く所にあります。

大腸兪(だいちょうゆ)

腎兪から指2本分上の位置にあります。

委中(いちゅう)

膝裏のしわの中央にあります。

ご自宅ではそれらの場所を指で優しく刺激してあげる事が効果的ですので、1度試して見てください。

またもっと詳しく知りたい方、他の症状に対してのツボなどお知りになりたい方は是非1度ハンズ鍼灸接骨院までご相談ください。

 

【ハンズ鍼灸接骨院のアクセス】

〒483-8084

愛知県江南市高屋町御日塚65-1

☎0587-84-5782

当院のホームページ→https://hands-kounan.com

web予約はこちら→https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000493205

 

TOPへ戻る